昨日の夕食のおかずは父が作ったモツ炒めと残り物のほうれん草のおひたしくらいでした。
母はめまいがするとこたつで寝込んでおり、母のありがたみを感じる夕食になりました。
私はご飯にモツ炒めを乗せ、そこにマヨネーズと七味唐辛子をかけて食べたのですがこれが美味しくて2杯も食べます。
あと白菜の味噌汁があり体が温まります。
デザート代わりに胡麻レーズンパンと食パンにあずきジャムを塗ったものを食べていたのですが、そこに妹が帰ってきました。
色々買ってきたみたいですが、白ワインを提供してくれたのでありがたく一杯いただきます。
モツ炒めを電子レンジにかけてそこにまたマヨネーズと七味唐辛子をかけて酒の肴にしました。
妹はえごま油を買って来ており、それは私が以前健康のために買おうか悩んだ末に買わないことにしたものです。
どうして買ったのか尋ねるとそれを毎日飲み続けるとやせるからだそうでまたしょうがないテレビ番組を観たものだと呆れました。
でも興味があるので後で少しいただこうと思います。