この前、ちょっとした用事で銀行に行くことがあったのですが、銀行の窓口というのはいつでも混んでいるイメージがありました。
私が銀行に行ったのは、税金の支払いのためで、振込用紙の期日が過ぎてしまったので、コンビニで振り込むことができなくなってしまったためです。
その日は仕事のお昼休みのときに行ったのですが、かなり空いていたので驚いてしまいました。
空いていたというよりかはほとんど人がいなくて、番号札を取ってから、ほどなくして窓口で手続きが済みました。
たまたま行った銀行がお昼に利用する人が少ないのか、それとも、銀行の窓口を利用する人が少なくなっているのか…。
それほど銀行に頻繁に行く用事のない私にはわかりませんが、「きっと待つんだろうな」と思っていたので拍子抜けしてしまいました。
最近では銀行振込を使うような用事もほとんどなくなり、ネットの買い物やいろいろなサービスを受けるための支払いはクレジットカードで用が済んでしまいます。
振込の用事があっても、ATMで行うことができるし、最近ではネットバンキングという方法もありますよね。
もしかしたら、あまり個人で銀行にお世話になるようなことは、減って来ているのかもしれないなと感じてしまいました。http://www.sandcastle-i.co/