年が明けて2月の今頃になると、真新しいリクルートスーツに靴やパンプス、そしてバックを持って歩いている姿をあちこちで見掛けます。私も13年前には就活生として同じ立場で就職活動に臨み、社会の厳しい洗礼を受けたのを覚えています。
実際会社で働いてみると、それまでのアルバイトの様な責任を負わずに済む立場とは訳が違い、新入社員研修の時から学生時代とは早く決別しろと言わんばかりに上司や先輩から厳しい叱責が飛んできました。また仕事を進める中で、理不尽な思いも経験しました。
給料をもらうという事は、上司や先輩、そして部下や後輩との複雑な人間関係を調整した上で、さらに効率性や利益という成果を追求していく行為に対する対価とも言えます。それはもちろん簡単な事ではなく、ある意味命懸けで仕事に打ち込んだ結果に対する報酬とも言えるでしょう。
就職活動を経験して一回り大きくなったという意見を良く聞きますが、就職活動はそうした社会の厳しい洗礼を受ける為の準備運動であると今では思います。いずれにしろ、就活生は社会に羽ばたく為のスタートラインに立った訳で、各々が厳しい選考を乗り切って欲しいと思います。アリシアクリニック 顔脱毛